元気のみなもとをつくってます 大商金山牧場

MENU

米の娘家(こめのこや)

ホーム事業内容米の娘家

米の娘家

平成28年12月9日 山形県金山町に自社直営の『米の娘家(こめのこや)』がオープンしました。 米の娘家では併設する製造工場直送の餃子をはじめ、米の娘ぶたのお肉や地元金山町の食材を使用した様々な料理の提供を行っております。

定番商品の一つである「かねやま餃子」は、米の娘ぶたのお肉と金山産のニラやキャベツのうまみをあますことなく感じられるよう、一つひとつ丁寧に包みました。

米の娘家設立の背景


金山町は平成26年4月1日より過疎地域の指定を受けたことで、企業誘致や起業の促進、貸工場及び貸事務所の整備が可能となり、弊社はかねてより想望していた直営の加工販売所を「米の娘家」という名称で、自社の養豚農場が所在する金山町に設立しました。

過疎指定を追い風に。若者の定住に向けた雇用の確保や地場農産物を積極的に使用するなどして、地元産業の活性化や地域の振興を目指しこれからも運営を行って参ります。

米の娘家外観。地域を挙げて景観づくりを行う金山町では、白壁と切り妻屋根をもつ在来工法で建てられた「金山住宅」の様式を推進し、米の娘家でもその技法を採用しております。

「美しく古びる」素材である金山杉を使用した金山住宅様式を用いることで、林業をはじめとした地場産業の振興や人と自然の共生を図り、いつまでも金山地域に根差した米の娘家であることを証明致します。

地元の人々の温かみを感じられるような店内。内装にも金山杉を使用しました。

金山町に根差した食材選び


金山町ではニラの生産が有名です。定番メニューであるかねやま餃子には、金山で5月下旬から6月下旬のみ採取される「一番刈りニラ」を使用しています。

葉先まで旨みが詰まった甘くやわらかなニラと、米の娘ぶたのお肉を一緒に包んだかねやま餃子は県内外のお客様よりご好評いただいております。

また、ニラに限らずキャベツやお米などの食材も金山産のものを積極的に使用。 金山の肥沃な土地で生産される農産物によって、今後とも金山町や山形県の魅力が伝えられるようなメニューを提供できるよう努めます。

「生産者が見える工場」を目指して


米の娘家は「安心・安全」を最優先に考え、生産者の見える「かねやま餃子」を生産・提供することを目指します。

米の娘家の徹底した衛生管理体制
  • 扉を全て自動ドアにし、人の手による二次汚染を予防
  • 抗菌仕様のまな板、ベルトを使用
  • 野菜を3段階に分けて洗浄

店舗情報


米の娘家ではお持ち帰り商品のお取り扱いもございます。ご自宅用やお土産にぜひどうぞ。お子様が座れるお席もございますので、ご家族皆様でぜひご利用ください。


米の娘家


住所 山形県最上郡金山町大字金山871番20
電話番号 0233-32-1529
営業時間 11:00〜14:00(ラストオーダー13:40)
定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
駐車場 10台ほど
米の娘家
オンラインストア
楽天市場店
つながる、循環の輪。 バイオガス発電プラント