元気のみなもとをつくってます 大商金山牧場

MENU

地域・社会との関わり

ホーム各種取り組み・CSR地域・社会との関わり

大商金山牧場では「元氣な社会づくりに貢献すること」を目的に、地域社会に寄り添った活動に取り組み、地域社会と共に発展する会社を目指します。

教育・スポーツへの取り組み


金山町の学校給食へ自社商品「かねやま餃子」の提供

2018年6月 荘内銀行様の寄付型私募債(荘銀ふるさと応援私募債)の発行手数料の一部を活用し、弊社の餃子工場併設飲食店「米の娘家」にて加工した「かねやま餃子」を、金山町内全小中生406人へ提供する予定です。

提供した餃子は「地元の食材でできた餃子を食べて地元への愛を育んでほしい」という思いの元、金山町内の学校給食のメニューとして使用されます。

※この取り組みは2018年6月14日(木)の山形新聞様にて掲載頂きました。

山形県サッカーチーム「モンテディオ山形」の応援



2015年、明治安田生命プレゼンツ米の娘ちゃんマッチ

2018年5月のカマタマーレ讃岐戦で行われたイベント「ゆるキャラサッカー大会」にも参加させて頂きました。

地域活性化に向けた取り組み


山形県金山町に餃子工場併設の飲食店『米の娘家』オープン

2016年12月9日 米の娘ぶたの生産地である山形県金山町の地域振興を目的に、餃子工場併設の『米の娘家(こめのこや)』をオープンしました。



「米の娘家(こめのこや)」詳細(事業内容)

バイオガス発電事業の実施

2017年 地域循環型の再生可能エネルギー推進や地域の雇用創出や活性化を目指し、食品廃棄物・家畜排せつ物・廃棄野菜くずなどをエネルギーに発電を行う、バイオガスプラントを設置しました。発電した電力は2018年6月より県内の学校や病院等の施設等へ売電を行い、豊かな社会貢献へ一歩を踏み出します。

大商金山牧場のバイオガスプラント

金山町産飼料用米の使用

金山町で生産が行われている飼料用米(400トン)はすべて自社農場である米の娘ファームにて使用されています。地域資源の積極的な活用により、地域産業の振興を図ります。

米の娘家
オンラインストア
楽天市場店
つながる、循環の輪。 バイオガス発電プラント